剃ったのに毛穴がブツブツしていたり、頻繁に自己処理したりしていると、「脱毛してみたい」とふと思うこともあるでしょう。しかし、脱毛したいと思うだけではいけません。脱毛に向けてアクションを起こすことで、自己処理不用なスベスベの肌を手に入れることができます。今回は、脱毛のあれこれについてご紹介しましょう。

脱毛サロンについて

どっちが良いのかわからない!全身脱毛と部分脱毛の大きな違いとは

不安な時こそ脱毛経験者を参考に!脱毛して良かったこと後悔したことってどんなこと?

脱毛サロンの料金体系が分かりづらい!初心者は何を基準にどうやって選べばいいの?

脱毛と痛み

脱毛する時に気になることといえば、「痛み」ではないでしょうか。脱毛の痛みは、「ゴムでパチっとはじくくらいの痛み」だとよく言われています。しかし、脱毛には色々な方法がありますし、脱毛機器も年々進化しています。脱毛は痛くて心配というのは、取り越し苦労かもしれません。今回は、脱毛の痛みについて紹介しましょう。

脱毛が痛いと言われているのはなぜ?今の脱毛と昔の脱毛について

数ある脱毛方法の中でも人気が高いレーザー脱毛は、毛乳頭や毛母細胞などの毛穴の奥までしっかりとケアできますが、皮膚の表面への刺激も強くなるため、人によっては施術中に痛みを強く感じることがあります。特…

サロンの光脱毛は痛みが少ない!レーザー脱毛との違いや痛くない理由について

レーザー脱毛を受けた経験のある人は、サロンの光脱毛は痛くないと答えることが多いです。この理由はシンプルで、レーザーより光のほうが出力が抑えられているためです。レーザー脱毛器が医療器具であるのに対し…

家庭用脱毛器は痛い?痛くない脱毛とは

家庭用脱毛器は肌に優しい

家庭用脱毛器にはフラッシュという光を照射するタイプがあります。これはサロンの業務用脱毛器を家庭用に改良し、一般の人が気軽に利用できるようにしたものです。業務用より効果は弱くなりますが、出力が抑えられているので痛みも軽減しています。やや熱を感じる程度の感覚ですから、肌が弱くても処理ができます。家庭用脱毛器は出力によって刺激が変わるため、敏感肌や乾燥肌の人は出力を抑えて脱毛を始めてみましょう。それでも痛みを感じるようなら、肌のバリア機能を高めていく対策をしてください。入念な保湿ケアをして肌をプルプルにすれば、脱毛による刺激は大幅に軽減します。痛くないセルフ脱毛を実現するには、脱毛器選びと出力調整、そして肌ケアがポイントになります。

家庭用脱毛器にも痛いタイプがある?

家庭用脱毛器には光を照射するタイプが登場していますが、古いタイプの脱毛器は毛根から引っ張って抜くタイプが多いです。後者の脱毛器はムダ毛を引っ張るので、そのときにチクッとした痛みがあります。特に肌が冷えていたり乾燥したりしているときは痛みが強くなります。痛みを少しでも抑えるためには、入浴後などの毛穴が開いたタイミングで処理すること、普段から保湿対策を徹底することなどが重要です。脱毛は肌が刺激に慣れるにつれて、少しずつ痛みが軽減していくのが普通です。最初は我慢ができないと思えるくらいの痛みでも、3~4回目になると普通に処理できるようになるケースは少なくありません。慣れるまでは肌に刺激を与えないように工夫するのがコツです。